全身脱毛と永久脱毛

全身脱毛と永久脱毛

「一生ムダ毛処理の面倒から解放されて、全身ツルツルの状態をキープしたい」というのは、女の子なら誰もが願うことですね。ですから、全身脱毛に「永久」の文字ががプラスされると、目がキラリと光るのではないでしょうか?ですからここで、全身永久脱毛とただの全身脱毛の違いや、それぞれの魅力を比べてみましょう。

全身永久脱毛とは

永久とつくと、施術の後は、生涯中ずっとムダ毛が生えてこないと思いがちですね。しかし、残念ながらそうではありません。アメリカで用いられている永久脱毛の定義によると、「脱毛施術1ヶ月の時点で、毛の再生率が20%以下」、もしくは「脱毛施術を3回行った6ヶ月後に、67%以上の毛が減っている」となっています。残念ながら、一生ツルツルとは程遠いですね。ですから、永久という言葉に必要以上の期待をするのではなく、毛の周期に合わせてある程度継続的な処理が必要なことを心に刻んでおきましょう。

永久脱毛ができるのは医療機関のみ

永久脱毛と呼ばれる施術では、強い脱毛効果がある医療レーザーを使ったり、毛を作りだす毛母細胞に栄養を渡し、成長を促す毛乳頭などを破壊するすので、医師以外が行うことは医師法で禁止されています。ですから脱毛サロンが、永久全身脱毛と宣伝している場合は、法律違反をしていることになります。そのようなサロンに行くのは絶対にやめましょう。高い効果を期待していったのに、不誠実な対応や、信頼できない施術でがっかりしてしまうことになります。きちんと資格のあるクリニックや、医療機関で行う医療脱毛だと、サロンよりも強い光で深部にまでアプローチするので、毎回の施術後の脱毛効果は確かに高いと言えます。しかし、痛みがサロンの施術より気になるという声もあります。さらに、色々なプランを用意しているサロンやエステティックと比べて、料金が高めでもあります。

まとめ

これまで、永久全身脱毛は、医療機関でしか行えないこと、永久とはいえ、毛周期に合わせて繰り返し施術をする必要のあることを見てきました。普通の美容サロンで行っている光脱毛による全身脱毛でも、毛周期に合わせて施術を繰り返すことによって、徐々に毛が薄くなり、数年間は自己処理に煩わされることなく過ごすことができます。そうです、長期的に見るとサロンでも医療機関で行う永久脱毛とあまり変わらない十分に満足する結果が得られるのです。そうすると、普通の全身脱毛と永久脱毛のどちらが良いのか迷ってしまいますよね。費用や、通いやすさ、スタッフの対応の仕方など、脱毛効果にプラスされるメリットを比較して、選んでみるのはいかがでしょうか?