妊娠中、妊活中の脱毛

妊娠中、妊活中の脱毛

多くの女性にとって、愛する人との子供を産むことは夢であり、人生のビックイベントですね。しかし、ずっと綺麗でいたいというのも女性の大きな願いの一つです。これらの両立は可能なのでしょうか?これから妊娠中、もしくは妊活中の全身脱毛について調べてみましょう。

サロンでは妊娠中の脱毛はNG

「お腹が大きくなったら自己処理も一苦労」、「急な出産の時に処理ができていなかったらはずかしい」、「子供が生まれたら家事に追われるから」、「産休中で時間があるから」など、様々な理由で妊娠してから全身脱毛を希望される方も多いようですが、大抵の脱毛サロンでは、妊娠時期に関係なく、妊娠している人の脱毛施術は受け入れていません。その理由は、妊娠によるホルモンバランスの変化により、肌が敏感になったり、脱毛で使う光にアレルギー反応を起こすことが考えられるからです。そして何より、毛周期が変わって脱毛効果が出にくいことがあります。身体に負担がをかけるのに、効果がないなんて、納得の理由ではないでしょうか?みんなが心配する胎児への影響は、肌表面にしかダメージがない脱毛サロンの施術ではないと言われているので、妊娠に気付かずに、サロン通いをしていた人は安心して下さい。それでも、赤ちゃんがお腹にいることが分かった時点で、脱毛は一時中断しましょう。幾つかのサロンでは、プランの休止と再開をサービスとして行っているので、妊娠の予定のある方は、あらかじめ期限のないプランや、休止できるサロンを選ぶようにしましょう。

妊活中の脱毛について

妊娠を望んでいても想い通りにいかないもので、妊活はある一定の期間続けることになるかもしれません。ですから、いつになるかも分からないのに、その間中全身脱毛をやめるというのもストレスになりますよね。しかも、先ほど見たように、妊娠が分かった時点で、サロンで行う脱毛ケアは休止しなければなりません。だからこそ妊娠する前までに全身脱毛を終了させたいですよね。脱毛していることで、卵子や子宮に問題が出たり、妊娠しずらくなることもないと言われています。ですから、妊活中は、通常通りケアを進めて、妊娠が分かった時点でスパットやめると決めておきましょう。

まとめ

妊娠や出産は、女性の身体に大きな変化をもたらします。今までと同じようにケアできないことがストレスに感じることもあると思いますが、限られた時期だけですし、今までとは違う美しさも生まれてきます。その時にしかないスペシャルな美しさを大事にしましょう。