全身脱毛の仕組み

脱毛の仕組み

大多数の女子が、一度はやってみたいと口を揃える全身脱毛ですが、どんな仕組みで、どんな流れで施術が行われるかご存知ですか?自宅でのムダ毛処理とは違い、エステサロンや、美容クリニックで行われる全身脱毛には、毛周期に合わせてプロの施術が施されます。その仕組みを調べてみましょう。

毛の仕組み

自宅では、目に見える肌の表面に出ているムダ毛を、シェービングやワックスなどで処理することがほとんどだと思います。そうすると、一週間もしないうちにまたチクチクと新しい毛が生えてきて、げんなりしてしまいますよね。面白いことに、肌の表面に出てきている毛は、全体の3分の1ほどで、残りの3分の2は、目に見えない所で新しい毛を作っているのです。だから表面だけを処理してもすぐに出てきてしまうのです。皮膚の上にでている毛を「毛幹」、皮膚のしたにある毛を「毛根」と呼びます。その毛根を包んでいるのが「毛包」、毛根の根っこにあり、毛母細胞に栄養を送り毛を作り出す役目を負っているのが「毛乳頭」になります。そして、「毛周期」と呼ばれる生え変わりのサイクルがあります。「成長期」に毛母細胞が毛を成長させ、「退行期」に抜け落ち、「休止期」には、毛母細胞が活動を休止します。綺麗に全身脱毛するにはこの周期にそってケアをする必要があります。

全身脱毛の仕組み

全身脱毛は、先ほど見た「毛周期」に合わせて繰り返し行います。脱毛に適しているのは、メラニン色素をたくさん含んでいる成長期と後退期の毛で、このメラニンに反応する光を照射して、ダメージを与え、根元から毛の生成を防ぎます。カメラのフラッシュのように一瞬の照射ですが、毛母細胞の再生能力を徐々に奪うことができます。この照射を繰り返すことにより、毛を生成しなくなった毛穴が収縮し、滑らかなツルツルのお肌になっていくのです。脱毛が一回で終わらない理由もこれで分かりますよね。休止期だった毛細胞には光が届きませんし、完全に再生能力を失わせるには、数回の照射が必要なのです。

施術の流れ

エステサロンでも、医療クリニックでも、まずはカウンセリングから始まり、お肌の状態や毛のタイプの判断を行い、それぞれ似合った脱毛プランや料金が説明されます。その後、基本的にこの光レーザーを使った脱毛が行われます。照射後にはクールダウンを行い炎症を抑えます。

まとめ

プロの手で行われる全身脱毛は、毛の仕組みにそった無理のない効果的な方法です。ですから、全身脱毛に興味がある方は、一度専門家のカウンセリングを受けることをお勧めします。あなたにピッタリの脱毛メニューと施術方法を説明してくれるでしょう。